被災地バンタヤン島へのフライト

ちょっと最近は忙しくてブログ更新が遅れていました…



よく見たら日本の祝日もあったんですね。



22日には毎年来て頂いてるお客様が5名で来られてチョコレートヒルズ遊覧飛行をしました。



その後にはレイテ島で医療ボランティアをされていた
TMATの方たちをオルモック空港まで迎えに行ってきました。



オルモック空港にはニュージーランド空軍のC-130が救援物資を運んで来ました。
f0210164_13383226.jpg
オルモック空港にも多くの輸送機が飛んで来ています。




TMATの皆さん、ご苦労様でした。そして、ありがとうございました!



その後には体験操縦のフライトがありました。



ちょっと写真が全然ないですね…






そして、翌日はK操縦士さんと一緒にバンタヤン島へ救援物資を運び現地の様子を見てきました。



寄付をしてくださいました訓練生Nさん、
フライトをしてくださいました操縦士Kさんありがとうございました。



バンタヤン島を空から見た状況です。
f0210164_13424275.jpg
建物の特に屋根がほとんどの家で飛ばされちゃっています。
f0210164_134422.jpg

f0210164_1345911.jpg
今まで見てきた光景とは全く違う状況になっていました。



このような状況ですので弊社のBコースのバンタヤン島ツアーは
引き続きしばらくの間は見合わせさせて頂きます。



でも、観光も産業の一つの島ですので復興の為にも早期にツアーを再開したいと思います。






この後は体験操縦のフライトでした。
f0210164_13541523.jpg
天気が心配でしたが回復してきて良かったです。



このお客様もセブに英語留学で来られているそうでした。



週末になると留学生がフライトに来られるという形が出来つつあります^^



この後はヘリパイのNさんが来られて飛びました。



1時間ほどボホール島を飛び地震の被害の様子を視察されました。



そして、最後に体験操縦のフライトがありました。
f0210164_1357423.jpg

本当はお二人とも体験操縦をご希望でしたが日没の時間の関係でお一人のみになりました。



着陸は日没時間近くだったので夕日が綺麗に見えました。






こんな感じで何だかかんだと忙しく飛び回っていました^^

                                           BY TETSU
[PR]

by cebutop | 2013-11-25 14:20 | フライト | Comments(6)  

Commented by K操縦士 at 2013-11-25 15:40 x
TETSUさん、お疲れ様でした。
バンタヤン島の現状は悲惨そのものです。。。
滑走路からOgtong Cave Resortへ向かう途中の家々も
ひどい有様で、とてもデジカメに収める気持ちにはなれません
でした。Resort側も修理物資等の発注は進めているようですが
一度に全ての修繕を仕上げるには時間がかかるので
部分開業にて進行していくようでしたね。
セスナで輸送できる物資量は限らてますが、
その場面にパイロットとして参加できたことは自分にとって
貴重な経験となりました。
私がマクタン島で常宿にしている多国籍大手のリゾートも
社会奉仕の一環でバンタンヤン島へ早急に500軒の、
日本でいうところの簡易住宅を建設するそうです。
しかしながら、島の発電所が大きな損傷を受け、
電気が無いので水道も供給できない(ポンプ稼働できない)
状況にて、生活インフラが全面復旧するにはかなり
時間がかかりそうです。
当地、連続して自然災害が発生して世界各国から
たくさんの援助が到着しております。
また、それと並行してここセブに皆で観光で訪問して
現地経済に貢献するという方法もあるので
自分の可能な方法で援助へ参加していきたいと
思います。
Commented by M@調布 at 2013-11-26 09:52 x
TETSUさん
リポート有難うございます。
マスコミとは違った視点からの情報発信は良いと思います。
バンタヤンでは、強風の被害が大きかった様子ですね。
いるものリゾートのヤシの木(?)の葉が吹き飛ばされているのは
びっくり。 復旧には時間がかかりそうです。
Commented by cebutop at 2013-11-26 11:43
>K操縦士さん
救援フライトお疲れ様でした。
バンタヤン島は結構酷い被害でしたね。とにかく早くライフラインを回復してあげてほしいですね。
電気が数か月も復旧しないのはかなり大変な状況だと思います。
今後も出来ることは少しでもやっていこうと思います。

P.S. ロブスターご馳走様でした^^
Commented by cebutop at 2013-11-26 11:52
>M@調布さん
バンタヤン島も相当な強風が吹き荒れたんだと思います。
木の葉はすべて散ってしまい多くの屋根も吹き飛ばされていました。
リゾートの完全復旧にはまだまだ時間がかかりそうですね。
早く元の姿を見たいです。
Commented by K操縦士 at 2013-11-26 17:42 x
TETSUさんご一家へ「どういたしまして」
(Mちゃんの次回「参戦」をお待ちしております)

さて、小生は取引先との商談の為ここマカティへ移動しました。
町中がクリスマスムードと飾り付けに満ちてます
(ということは、仕事する気ゼロに近く。。。)
しかしながら自然災害の事もあり、手放しで喜んでいるような
感じはしませんね。
我がフライングクラブを通したご縁でセブと繋がっていますので
これからも自分のライフスタイルに合った形で応援していきたい
ですね。
それとマクタン空港に陸自のCH-47が着陸したときの
光景はTETSUさんの受信機でJapan Amy XXのコールサインと合わさって感動ものでした。
支援に駆けつけている姿を生で見れたのこと感動ものです。



Commented by cebutop at 2013-11-27 09:41
次回は娘も参戦させて頂きます^^
お土産も喜んでいました。

もうすぐ12月で完全クリスマスムードになりますね。ただ、被災した方たちが楽しみにしているクリスマスを楽しめないのが可哀そうです。フィリピン人には特別なイベントですからね。

あの日は陸自のCH-47しかきませんでしたが海自のヘリ、空自の輸送機をセブで見れると感動ものです。
みんな、JAPAN ARMY,JAPAN NAVY,JAPAN AIRFORECEのコールサインです。

<< シキホール島と小さな小さな島 いつも通りのフライトも >>