カテゴリ:勉強部屋( 9 )

 

勉強部屋〜エンジン〜

こんにちは001.gif
というかお久しぶりです006.gif

勉強部屋、長らく休んでしまいました040.gif

今日から復活です049.gif
ハリキっていきましょう!!



今日は航空機のエンジンについてお勉強します004.gif

航空用エンジンは、大胆に分けると、ジェットエンジンレシプロエンジンの2つに分けられます017.gif


レシプロエンジンは動力付き航空機誕生から使用されており、4ストロークのガソリンエンジンになっています。

第二次世界大戦中に飛躍的に発展し2,000馬力超のエンジンが実用化されました。
この2,000馬力の飛行機がかの有名な零戦です。

その後、ジェットエンジンの発達により20世紀後半以降は小型プロペラ機、小型ヘリコプター用の数百馬力程度までのエンジンが使用されています。





今日は私たちが普段乗っているセスナのエンジン、レシプロエンジンについて勉強します071.gif

先程書いたようにレシプロエンジンは4ストローク、すなわち4行程機関になっています。
それではその4行程を今日は写真を使って説明します029.gif



1、ガソリンがキャブレターにより霧状に気化され、その気化された気体を2本ある片方の弁
が 開きシリンダー内に吸入。
f0210164_16101872.jpg

2、その気体をシリンダーヘッドが動き圧縮(この時圧縮するために2つの弁は閉じている)
f0210164_16131720.jpg

3、圧縮された気体をスパークプラグで発火させ燃焼。
f0210164_16185866.jpg

4、片方の弁が開き燃焼された気体は外へ排気
f0210164_16195823.jpg


1、吸入 → 2、圧縮 → 3、燃焼、膨張 → 4、排気という行程になっています。

少し説明不足なのでwebで4ストロークと検索してみて下さい。

詳しい動きなどが見れます。

この動き疲れるだろうなぁ。。。


そんなこんなで今日はエンジンの事を考えてフライトしていました(笑)

それではまた068.gif
[PR]

by cebutop | 2011-05-28 16:51 | 勉強部屋 | Comments(0)  

QNH~正確な高度を得るために~

こんにちは001.gif
最近はよい天気が続いているセブです058.gif058.gif
最近カレーを作りました049.gif多く作りすぎてしまって、今日まで3日間カレー三昧です(笑)
黄レンジャーになれるくらい食べてます(笑)071.gif


さて、今日はQNHについてお勉強します066.gif


まず最初にQNHとは何の事でしょうか??

高度計規正値 ( altimeter setting)のことです。
これは気圧高度計の設定値で、高度ゼロに対応する気圧のことです。

高度計規正値には種類があり、国際的には QNH、QFE、QNE の3種類あります。
ちなみにフィリピンでは QNH と QNE を用います。




なぜ必要なのか??

実際の気圧と高度の関係は気象条件によって変動するため、正確な高度を得るためにはQNHなどを使用し、補正(規正)が必要になります。

QNH は海抜高度を得るための規正値で、飛行場標高の気圧高度計が正しい海抜標高を指すよう規正されているとき、高度ゼロに対応する気圧として用いられています。

先程フィリピンはQNH QNEを使用している事を述べましたが、フィリピンはQNHから11000ftでQNEに変えます。この時、Ft(フィート)からFL(フライトレベル)に表示も変わってしまいます。なぜでしょう??
明日もQNHについてお勉強します004.gif
おたのしみに〜066.gif
[PR]

by cebutop | 2011-04-25 18:19 | 勉強部屋 | Comments(4)  

勉強部屋 ATIS〜大切な情報〜

こんにちわ003.gif
日本の連休も近くなってきましたね042.gif
フィリピンは引き続き祝日です058.gif
ほんとにお店がどこも開いていません040.gif
連休前に食材を買い忘れて冷蔵庫には卵、ベーコン、野菜しか。。。
昨夜、唯一連休中でも開いているドラッグストアみたいなところで食料を買いました(笑)

今日はマクタン空港のタワーも暇そうです071.gif
そんな訳でレディオの周波数を変えATISを入れてみました。

ATISとは空港情報、気象情報、航空保安施設の運用状況等の情報を録音して特定の周波数(マクタンは126.60)で繰り返し放送されている情報です。

さて、今日の勉強部屋はマクタン空港のATISをご紹介しましょう!

①ナンバー / アルファー(A)

②時間 /0000(AM8:00)

③進入方式 / VOR DME APPROACH

④使用滑走路 / ランディングR/W22, ディパーチャーR/W22

⑤周波数(depature) / 124.7

⑥風向、風速 / ウィンド170、08ノット

⑦視程 / 9000

⑧雲の量、雲の高さ / スキャター2000、ブロークン9000、オーバーキャスト25000

⑨気温、露点温度 / テンプラチャー30、デューポイント26

⑩QNH(ヘクトパスカル、インチ) / QNH1010ヘクトパスカル、29、82インチ

⑪補足


私たちパイロットはフライト前や飛行中にATISの情報を取得し、飛行計画などをたてたりしています。
慣れるまでは早口で何を言っているかわかりませんが、何度か聞いているうちに慣れてきます。
すべてが大切な情報ですが特に使用滑走路やQNHは重要になってきます。

明日はQNHについて勉強したいと思います058.gif

それでは049.gif
[PR]

by cebutop | 2011-04-22 18:52 | 勉強部屋 | Comments(0)  

電気系統~ ELECTRICAL SYSTEM~

こんにちわ001.gif
今日もあっついです058.gif058.gif058.gif

さて、今日は電気系統についてお勉強をしましょう006.gif

セスナは12Vのバッテリーを使用しています。
その電力をチャージしているのがエンジンにより駆動されているオルタネーター(発電機)になります。電力はスプリット・バス・バー(分割母線)を通してすべてに電力が供給されます。
そして電力の状態を表すためにアンメーター(電流計)があります。
アンメーターはバッテリーにどの程度の充放電電流が流れているのかを表し、バッテリーの状態が良く判ります。
もし放電状態であればマイナス(ー)充電状態であればプラス(+)になります。
この事項も飛行前のRUN UP(飛行前点検)でしっかり整備士がチェックしています017.gif


飛行機はどれをとっても大事な事だらけですね004.gif
毎回言う事が同じになってしまいますが。。。(笑)
日々、勉強です049.gif



それではまた066.gif
[PR]

by cebutop | 2011-04-18 18:03 | 勉強部屋 | Comments(2)  

~滑空距離〜

こんにちわ004.gif
今日も良い天気です058.gif
今日は朝一でGWの打ち合わせをしました051.gif
なんだかゴールデンウィークは凄そうです070.gif早朝オープンです059.gif
皆さんお待ちしております040.gif

今日の勉強部屋は滑空距離についてお勉強します。
もしエンジンがストップしてしまった時、飛行機が飛行できる距離を私たちが普段FLIGHTしているCESSNA172 L型(RP−C5003)で考えてみましょう017.gif

まずエンジンがストップしたら80MPHの姿勢で飛行します034.gif
その時の滑空距離は

3000ft → 5NM
6000ft → 10NM
9000ft → 15NM
12000ft → 20NM

となります。
しかし、あくまでもこの数字はFLAPS UP,ZERO WINDの場合です。
パイロットにとって滑空距離は大変重要な事項です。
普段からこの数字は念頭に置いておきましょう017.gif

それではまた049.gif
[PR]

by cebutop | 2011-04-15 14:44 | 勉強部屋 | Comments(1)  

航空法規〜携帯しなければいけない書類②〜

こんにちわ!
昨日はドタバタしていてアップできませんでした!ごめんなさい。
前回は日本の航空法規をアップしました。
ということで今日はこの前の続きでフィリピンの航空法規です029.gif



パイロットが携帯する書類
①技能証明 ②航空身体検査 ③無線免許書


航空機に携帯する書類
①航空機登録証明書(Registration Certificate) ②耐空証明書(Airworthiness Certificate) ③運用限界等指定書(Operating Limitation)  ④無線局免許状(Radio Station License)  ⑤重量重心位置(Weight and Balance Date)

このように日本、フィリピン、ともに携帯する書類は複数あります。
今回ご紹介した書類は普段のフライトにおいて主に必要とされる書類になります。

突然話は変わりますがライセンスの素材は国によって様々です001.gif
日本のライセンスはラミネートが施されている紙、フィリピンは厚紙のみになります。
この間来られたお客様はアメリカのライセンスをお持ちでした。
アメリカはライト兄弟が描かれたプラスチックのカードでした。かっこ良かったです016.gif

しかしライセンスを手にした時の喜びは同じですね(笑)
初心忘るべからず。

それではまた049.gif
[PR]

by cebutop | 2011-04-13 17:03 | 勉強部屋 | Comments(0)  

航空法規 〜携帯しなければいけない書類〜

こんにちは001.gif
今日のセブはそよ風が吹いていて大変過ごしやすい天気です!

昨日はCapt..SAKUと空撮のお仕事でレガスピ空港に行ってきました004.gif
自分は空港内で待機していただけですが(笑)
カメラマンさんを乗せてのジンベイザメのshootingのフライトです049.gif
カメラマンさんは自分の納得がゆく映像を撮るため、Capt.SAKUもより良い映像を撮ってもらう為にフライトに必死です017.gif
2時間30分にも及ぶ長時間のフライトでした042.gif
さすがプロフェッショナルですね006.gif
家に帰って鏡を見たら焼けて顔が真っ赤でした(笑)

そんなこんなでレガスピFLIGHT復路でのCapt.SAKUからの宿題です。

今日は 航空法規についてお勉強したいと思います071.gif

日本、フィリピンのそれぞれの国においてのパイロット、航空機が携帯しなければならない書類をアップしてみます。

今日は日本の法規です。

パイロットが携帯する書類(法67条)
①技能証明 ②航空身体検査


航空機に携帯する書類(法59条)
①航空機登録証明書 ②耐空証明書 ③搭載用航空日誌 ④運用限界等指定書 ⑤飛行規程 ⑥飛行区間、飛行の方式その他飛行の特性に応じて適切な航空図 ⑦運航規程

国も違えば考え方が違うように航空法規も違いますね(笑)
明日はフィリピンの法規をアップします。

お楽しみに!!049.gif
[PR]

by cebutop | 2011-04-11 17:58 | 勉強部屋 | Comments(0)  

飛行機〜台風〜

こんにちわ001.gif
皆さんコメントありがとうございます。大変勉強になります。
これからもドンドンご教授お願いします017.gif

さて、今日の勉強部屋は『台風』についてお勉強します。

まずは台風の定義からご説明します。
熱帯低気圧のうち、経度180度以西の北太平洋、すなわち、日本の南東海上で発生し、発達して中心付近の最大風速が17.2メートル以上になったものを『台風』といいます
ちなみに17.1メートル以下のものは『弱い熱帯低気圧』といいます。

台風のエネルギーは温帯低気圧とは違い、不安定な気層の中に積乱雲が発達し、その時の水蒸気の凝結による潜熱です。
また、台風という気象条件で見落とすと危険なのは、台風の中心から離れた地域にあるらせん状降雨帯(spiral rain band)の積乱雲です。
例えば、台風の中心が遠くにあるのに竜巻が発生したりするのは、この降雨帯の積乱雲によることが多いのです。
ただし、この積乱雲のバンドは等圧線の形からは判別できないのですが、気象衛星やレーダーエコー合成図では簡単に見つけることができます。

飛行計画を立てる場合は台風予報は不可欠ですが、台風の予報は現在はまだ十分とはいえないので持続性と気象学を併用したものなどいろいろな方法が用いられています。
予想位置は一致しないことが多いので24時間、48時間先の位置を点で予報することは現在では無理とされています。

自然を相手にする私たちパイロットにとって気象学は大変重要なものです。
気象学は少し複雑で難しいですが。。。千里の道も一歩から頑張って勉強していきましょう004.gif
[PR]

by cebutop | 2011-04-08 11:58 | 勉強部屋 | Comments(0)  

ウェイクタービュランスその②

キャプテンおめでとう038.gif将来はキャビンアテンダントですかね!?016.gif

さて今日もお勉強をしましょう017.gif

前回の続きでウェイクタービュランスその②です。
今日はウェイクタービュランスの回避についてアップしたいと思います。

先行機のエンジンプラストや翼端から発生した渦流はウェイクタービュランスとして後続機に危険を及ぼす可能性があることは前回述べました。
この時、管制管が管制において後続機パイロットへ注意を促しています。
管制官は大型機のウェイクタービュランスの悪影響を受けると思われるあらゆる後続機に対し、先行機である大型機に関する情報を提供し、『CAUTION WAKE TURBULENCE』の用語を付け加えて管制を行っております。
しかしパイロットである限り警報あるなしにかかわらず自分でウェイクタービュランスを避けるために判断を下し、安全な飛行を取らなくてはいけません。


その①:大型機に続いて着陸する場合・・・先行機のフライトパス(この場合は降下角度)よりも高いパスを維持し、先行機の接地点を注目してその点を越えたところに接地する。

その②:間隔が2,500フィート以内の平行滑走路へ大型機に続いて着陸する場合・・・ウェイクタービュランスがこちらに流れてくることを考えて、①同様の着陸をする。

その③:交差する滑走路(CROSS RUNWAY)に大型機に続いて着陸する場合・・・大型機のパス(角度)の上方をクロスして着陸する。

その④:大型機の離陸に続いて着陸する場合・・・先行機の浮上地点を注目してその地点よりも十分手前に接地する。

その⑤:交差する滑走路から離陸する大型機に続いて着陸する場合・・・先行機が交差点を過ぎて浮揚した場合は進入を続け交差点よりも手前に接地する。先行機が交差点の手前で浮揚した場合はそのパスよりも下方を絶対に飛んではならない。交差点よりも十分手前に接地出来る見込みがなければゴーアラウンドするべきである。

その⑥:大型機に続いて離陸する場合・・・先行機の浮揚地点を注目しその点より手前で浮揚させ、先行機の渦流をクリアーするまでそのパスの上方を風上に向けて上昇する。大型機の後方、下方をクロスするような飛行は避けること。

その⑦:滑走路の途中からの離陸・・・近くの大型機の飛行、特に風上側の大型機に注意して、後方下方をクロスするようなヘディングを避ける。

その⑧:大型機がタッチアンドゴー、ローアプローチ、ゴーアラウンドなどをしている場合の離着 陸・・・特に45°方向からの弱いテイルウィンドが吹いている場合には危険なので少なくとも2分以上の間隔をとって離着陸をする。

その⑨:VFRでエンルートを航行している場合・・・大型機を視認したならばその後方下方を避けるべきである。同コースの場合には風上側に避けることが望ましい。

マクタン国際空港は大型機がメインの空港なので特にウェイクタービュランスには注意をしなければなりません。
パイロットは様々なシチュエーションを想定し、常にあらゆることに気を配っていなければなりませんね。
ENJOY FLIGHT!!
それではまた001.gifGOOD DAY049.gif
[PR]

by cebutop | 2011-04-06 16:57 | 勉強部屋 | Comments(3)