前回の機体

いやー今日もセブ暑かったです!

今日はボホール島へターシャツアーに行ってきました。

今日は、珍しくタグビララン空港でホールディングの指示で待たされ、
マクタン空港でも待たされました。
空中でくるくる回って待ってました。

でも、ボホールのリバークルーズではタイミングよくボート出発で待ち時間はなかったです003.gif

ボホールの観光客も以前に比べて、大分多くなりましたね。

隣接するパングラオ島に空港の建設計画もあり、
リゾートもさらに建設されている模様です!

ボホールはオススメの島ですね004.gif

今日のお客様です↓
f0210164_18391085.jpg

Yさん、次回は体験操縦はいかがですか?単発小型機は面白いですよ。



ところで、前回のブログで載せた珍しい機体はわかりましたか??

f0210164_18425423.jpg

自分も良く知らなかったので、昨日調べました。

Helioというアメリカのメーカの機体です。

H-295 Helio Courier
40年近く前の機体ですね。

この機体はSTOL(Short Take Off and Landing)機で、
前縁にはスラットも装備されて短距離で離着陸が可能になっています。
f0210164_18503148.jpg


どのくらい短い距離かといいますと…



説明より動画で見たほうが早いと思いますので、どうぞ




すごいですねー!

これなら、どこでも着陸できますね001.gif

1回くらい乗ってみたいものです。
                                                  BY TETSU
[PR]

by cebutop | 2010-04-12 19:03 | 飛行機 | Comments(9)  

Commented by 埼玉のFです。 at 2010-04-12 22:45 x
映像見ました、すごいですね!この機体。ギャラリーの笑い声がおもしろいです。なぜ笑われているのか?!(笑)この機体何人乗りなんですか??
Commented by 佐藤謙一 at 2010-04-13 10:22 x
観光で待たされるほど客入りがあれば最高ですね、
また空でのウエイティングは気持ちが焦りますが
楽しい時間でもありですね。次回はリバークルーズも
お願いしたいです
Commented by M@調府 at 2010-04-13 10:54 x
Helioはセブトップに来ているんですか?
掲載写真をみると、格納庫横の燃料保管倉庫前の
様子ですので、一時的に格納庫を貸しているのかな?
Commented by cebutop at 2010-04-13 14:59
今日は珍しくコメントが多いですね。(笑)
Helioはうちで給油してすぐにマニラに行ってしまいました。
この機体は6人乗れると言ってました。パイロットはアメリカ人かな?映像はフィリピンでの物なので多分同じ機体ですね。
ボホールはスゴイ人です。特に今学校が夏休みというもあり、土日はかなり混むと思います。是非、リバークルーズにも行きましょう。
Commented by 秋田市のYです at 2010-04-17 10:18 x
Captain SAKURAI様

秋田市のYです。写真、Upして頂きまして大変ありがとうございました。当日は、お蔭様で堪能させて頂きました。同行しました彼女(妹のようなものです)も、大変楽しかったと申しておりました。本当に楽しかったらしく、Plantation Bayに帰ってからも、上空をセスナが飛ぶと見上げて「赤い飛行機!トップフライトだよ!」と話しておりました。忘れられない体験になったようで、こちらも大変うれしく思った次第でした。当人は、5年前に入国不能となって以来、1年ほど自らの将来・生き方を模索した後、大学に入学する決心をしまして、この3月に、無事、地元Davaoの4年制大学を卒業いたしました。これは、卒業祝いの旅行でありました。
Commented by 秋田市 at 2010-04-17 10:19 x
私は以前、短期間ですがウルトラライトで北海道、石狩の空を飛んでいたことがありまして、今でも自分では飛びたいという気持ちを強く持っております。ウルトラでは5時間くらいでソロに出ることができましたが、実機は非常にシビアな操縦が要求され、難しいことを痛感したものです。今まで、アマチュアライセンスはアメリカでと考えていましたが、お蔭様で、フィリピンでのライセンス取得という選択肢もあることがわかりました。これは、将来の楽しみとなるかもしれません。

重ねまして、素晴らしい体験をさせていただきましてありがとうございました。リバークルーズ、ターシャ、いずれも忘れられない経験となりました。

彼女にとっては、帰り路でやっていただきました、Gのかかるターンは予想外の事態だったようで、何が起きたのか、落ちるのか、さっぱりわからずに、一瞬、恐怖のどん底だったようです。すぐに「これはcaptain SaKURAIがサービスしてくれたんだよ」と話したら、事態を了解して安心したようでした。あれもめったにできない体験で(日本では絶対やってもらえません)、ありがとうございました。

またセブを訪れる際には、是非お邪魔させてください。
Commented by cebutop at 2010-04-17 17:21
秋田のYさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
先日は彼女さんも楽しんで頂けたようでうれしいです。大学を卒業されたんですか!おめでとうございます。フィリピンでも仕事に就くには大卒が必要になりますからね。
操縦士のライセンスはうちでもやっていますので、チャンスが出来たらいつでもお越し下さい。
お待ちしています。
Commented by 秋田市のY at 2010-04-24 13:52 x
フィリピンが日本以上にシビアな学歴社会だとは、本当に知りませんでしたので。

帰国後、朝起きたら車に雪がうっすり積もっていて、季節感がメチャクチャになってしまいました。今年は異常です。

「アマチュアパイロットライセンス」、いつの間にか忘れていたのですが、あれから頭にこびりついています。

Commented by cebutop at 2010-04-24 19:29
秋田のYさん、日本は変な気候が続いているようですね。
セブは相変わらず暑いです。。。

フィリピンでは約1ヶ月あれば、ライセンス取得も可能です。
ウルトラをやっていたのであれば、スムーズに訓練も進むと思います。セブのさんご礁の上でのフライトや、草地の空港での訓練とフィリピンならではの特徴もあります。

訓練の様子もブログにてUPしますので、ぜひ参考にして下さい。

<< 水上部落?? パサールでござーる >>