独立記念日

今日はフィリピンの独立記念日です!

ということで、たまにはフィリピンの歴史でもお勉強してみましょう004.gif



まず、フィリピンはスペインの植民地だったことはよく知られていると思います。

16世紀後半からフィリピンはスペインによる植民地支配下に置かれていました。

19世紀後半になると植民地統治に不満を持ち始めました。

そこから3人の神父さんから始まり独立へと動き始めました。

そんななか1896年革命が起きます。
この時の独立派の中心はアギナルドという人物です。

5ペソ札紙幣の表面に描かれています↓
f0210164_12342550.jpg

この時に独自の憲法を作成し、フィリピン共和国の成立を宣言しましたが、
最終的にはスペインと和平協定を結び終結しました。

アギナルドは香港に亡命し、スペインは協定の確約も守らず、
フィリピン国内には不満が高まります。

そして、1898年にアメリカとスペインが戦争を始めたのをきっかけに
アメリカは独立派に独立援助を約束し近づきます。

米軍がマニラ沖海戦で勝利を収めると、
香港に亡命していたアギナルドはフィリピンへ帰還しました。

そして、6月12日に独立宣言を行い大統領に就任しました。
その時の様子が5ペソ札紙幣の裏側に描かれています↓
f0210164_12471652.jpg

これが今の独立記念日という訳です。

8月13日には米軍はマニラを陥落させスペイン軍を降伏させました。

戦後処理のパリ講和条約ではアメリカはお金を払いスペインからフィリピンを支配下に置き、
実際はここからアメリカの植民地支配を受けることになります。

ここでもアメリカは約束を守りませんでした。

真の独立は第二次世界大戦後の1946年となります。

f0210164_13112333.jpg
街中で売っていたフィリピン国旗です。

                                                 BY TETSU
[PR]

by cebutop | 2010-06-12 13:18 | セブ | Comments(2)  

Commented by 佐藤 at 2010-06-13 07:59 x
アギナルドの文書では、1998年になっていますが、
1898でなかったかな、自分も定かではないが
日本の統治も始まる、マッカーサのレイテ上陸

昨日は同時の飛行機の映像を収録しました。
Commented by cebutop at 2010-06-13 10:51
間違いでした1898年ですね。100年ズレテました。
飛行機の撮影は空撮ですか?

<< いよいよ ボホールブギウギ >>