人気ブログランキング |

<   2011年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

体験づくし

こんにちは!TETSUです058.gif

ちょっと久しぶりの更新になってしまいました008.gif


先週の土曜日にはたくさんのお客様が来られました001.gif

2組だけでしたが最初のグループは2人、次のグループは3人の体験操縦でした!!


実はカメラのバッテリー切れで写真はありません…040.gif


皆さんとても楽しまれていました003.gif

皆さん共通していることですが、上空では余裕がなくほとんど無口でしたが

地上におりてからは興奮気味にフライトの様子を友人に語っていました056.gif


また、セブにお越しの際は体験操縦をしに遊びに来てくださ~い!!




全く関係ありませんが写真がないとなんか寂しいので、
この前パパイヤを食べました003.gif
体験づくし_f0210164_11504396.jpg
美味しかったです!!


頑張れ日本!!

                                           BY TETSU

by cebutop | 2011-04-18 11:53 | フライト | Comments(0)  

~滑空距離〜

こんにちわ004.gif
今日も良い天気です058.gif
今日は朝一でGWの打ち合わせをしました051.gif
なんだかゴールデンウィークは凄そうです070.gif早朝オープンです059.gif
皆さんお待ちしております040.gif

今日の勉強部屋は滑空距離についてお勉強します。
もしエンジンがストップしてしまった時、飛行機が飛行できる距離を私たちが普段FLIGHTしているCESSNA172 L型(RP−C5003)で考えてみましょう017.gif

まずエンジンがストップしたら80MPHの姿勢で飛行します034.gif
その時の滑空距離は

3000ft → 5NM
6000ft → 10NM
9000ft → 15NM
12000ft → 20NM

となります。
しかし、あくまでもこの数字はFLAPS UP,ZERO WINDの場合です。
パイロットにとって滑空距離は大変重要な事項です。
普段からこの数字は念頭に置いておきましょう017.gif

それではまた049.gif

by cebutop | 2011-04-15 14:44 | 勉強部屋 | Comments(1)  

キレイな海

今日も静かなセブ・マクタン空港です007.gif

嵐の前の静けさでしょうか??


もうすぐでGWですので忙しくなると思います。


忙しくなります!!

今回は訓練生だけでも予定がパンクしそうです。

卒業生も遊びに来る予定ですので。


GWに遊覧飛行をご希望の方はお早めにご予約下さい!


今日は暇なのでセブの空から見る海の写真を紹介していきます↓
キレイな海_f0210164_15285369.jpg
キレイな海_f0210164_15294948.jpg
キレイな海_f0210164_15302939.jpg
皆様を青い空と海と一緒にお待ちしています001.gif


頑張れ日本!!

                                             TETSU

by cebutop | 2011-04-14 15:33 | セブ | Comments(0)  

航空法規〜携帯しなければいけない書類②〜

こんにちわ!
昨日はドタバタしていてアップできませんでした!ごめんなさい。
前回は日本の航空法規をアップしました。
ということで今日はこの前の続きでフィリピンの航空法規です029.gif



パイロットが携帯する書類
①技能証明 ②航空身体検査 ③無線免許書


航空機に携帯する書類
①航空機登録証明書(Registration Certificate) ②耐空証明書(Airworthiness Certificate) ③運用限界等指定書(Operating Limitation)  ④無線局免許状(Radio Station License)  ⑤重量重心位置(Weight and Balance Date)

このように日本、フィリピン、ともに携帯する書類は複数あります。
今回ご紹介した書類は普段のフライトにおいて主に必要とされる書類になります。

突然話は変わりますがライセンスの素材は国によって様々です001.gif
日本のライセンスはラミネートが施されている紙、フィリピンは厚紙のみになります。
この間来られたお客様はアメリカのライセンスをお持ちでした。
アメリカはライト兄弟が描かれたプラスチックのカードでした。かっこ良かったです016.gif

しかしライセンスを手にした時の喜びは同じですね(笑)
初心忘るべからず。

それではまた049.gif

by cebutop | 2011-04-13 17:03 | 勉強部屋 | Comments(0)  

世界最大の飛行機

昨日のニュースで

世界最大級ポンプ車、福島原発に注水へ

と写真つきで報じられていました。


その写真がこちら↓
世界最大の飛行機_f0210164_15381185.jpg
飛行機が好きな人なら後ろに写っているでかそうな飛行機に目がいくはず…

大型ポンプ車を2台もアメリカから空輸してきたわけです。



この飛行機はロシア製
AN-124というものです。



実は以前にマクタン空港にも飛来していましたよ!
世界最大の飛行機_f0210164_15555669.jpg


最大ペイロードは150トンにもなるそうです005.gif

量産された機体では世界最大の飛行機です。

量産されてない飛行機ならもっと大きいのがあるの??








そうです。あるんですね~化け物みたいなのが。

映像でどうぞ↓

こちらもロシアの飛行機でAN-225という機体です。

でかいわりに意外と運動性は良さそうですね。


ロシアもなかなか面白い飛行機が多いですね001.gif


頑張れ日本!!

                                           BY TETSU

by cebutop | 2011-04-12 16:15 | 飛行機 | Comments(0)  

ジンベイを追え!!

ジンベイを追え!!_f0210164_17105676.jpg
さて、ここはどこの空港でしょう??





正解は







レガシピ空港です!

昨日はジンベイザメで有名なドンソールの空撮の為にレガシピ空港まで行ってきました001.gif


マクタンからレガシピまでは2時間のフライトです。


空港に着いたらカメラマンと合流して準備をします。


今回は左側のドアを外しての撮影です。カメラマンもハーネスでしっかり固定して離陸です!


ドンソールの海にはたくさんのボートがジンベイザメを追いかけていました。

こちらも負けずにジンベイを上空から追いかけます!

目標が島みたいに大きくないのでかなり近くによる必要があります。



が、



目標に近づきすぎては目標を中心に旋回することが出来なくなってしまいます。


低高度低速度で風に煽られながら、
失速警報がピーピー鳴りながらの空撮は痺れました008.gif

2時間以上経過したのでレガシピ空港に戻りました。
(帰りのガソリンがなくなっちゃいますので…)


お腹が空いたのでカンティーン(食堂)でランチです↓
ジンベイを追え!!_f0210164_17331110.jpg
フライドチキンと野菜料理のドリンクセットで120ペソです。

お土産を買ってマクタンへと帰りました。


お土産はこちら↓
ジンベイを追え!!_f0210164_17355855.jpg
ピリナッツというナッツの1種です。

レガシピなどのビコール地方が名産地です。

面白い食感でこのハニー味は美味しいですよ!

是非お試しあれ!


今日はいまひとつのセブの天気です。

また、米空軍のC-17が飛来していました↓
ジンベイを追え!!_f0210164_1820345.jpg



頑張れ日本!!
                                             BY TETSU

by cebutop | 2011-04-11 18:24 | フライト | Comments(0)  

航空法規 〜携帯しなければいけない書類〜

こんにちは001.gif
今日のセブはそよ風が吹いていて大変過ごしやすい天気です!

昨日はCapt..SAKUと空撮のお仕事でレガスピ空港に行ってきました004.gif
自分は空港内で待機していただけですが(笑)
カメラマンさんを乗せてのジンベイザメのshootingのフライトです049.gif
カメラマンさんは自分の納得がゆく映像を撮るため、Capt.SAKUもより良い映像を撮ってもらう為にフライトに必死です017.gif
2時間30分にも及ぶ長時間のフライトでした042.gif
さすがプロフェッショナルですね006.gif
家に帰って鏡を見たら焼けて顔が真っ赤でした(笑)

そんなこんなでレガスピFLIGHT復路でのCapt.SAKUからの宿題です。

今日は 航空法規についてお勉強したいと思います071.gif

日本、フィリピンのそれぞれの国においてのパイロット、航空機が携帯しなければならない書類をアップしてみます。

今日は日本の法規です。

パイロットが携帯する書類(法67条)
①技能証明 ②航空身体検査


航空機に携帯する書類(法59条)
①航空機登録証明書 ②耐空証明書 ③搭載用航空日誌 ④運用限界等指定書 ⑤飛行規程 ⑥飛行区間、飛行の方式その他飛行の特性に応じて適切な航空図 ⑦運航規程

国も違えば考え方が違うように航空法規も違いますね(笑)
明日はフィリピンの法規をアップします。

お楽しみに!!049.gif

by cebutop | 2011-04-11 17:58 | 勉強部屋 | Comments(0)  

ボホール大賑わい

昨日はボホール島ターシャツアーに行ってきました001.gif

今はフィリピンでは夏休みの真っ最中でおまけに週末ということで、
リバークルーズもターシャもめちゃ混みでした007.gif

ボートも20分待ちといわれましたがやっぱり出発は1時間後でした…
(フィリピンでは当たり前。)
ボホール大賑わい_f0210164_16591538.jpg


今日も子供達は元気です…
ボホール大賑わい_f0210164_170585.jpg


リバークルーズも折り返し地点に差し掛かった時に人魚が!?







ボホール大賑わい_f0210164_1714840.jpg
んな訳なく、欧米人が川遊びしていました003.gif



リバークルーズの後はターシャ見学です!

最近、ターシャ以外の動物も増え、イグアナが新たに仲間入りしていました。


ヘビやイグアナを首に巻いたりしてみんな騒いでいました。

小さな動物園みたいになってきています。。。



以前は物珍しくかわいがられていたサルは誰にも相手にされていませんでした008.gif
ボホール大賑わい_f0210164_1755341.jpg
哀愁漂うサルの背中…


そんなサルの横ではしゃいでるターシャがいました↓
ボホール大賑わい_f0210164_1794138.jpg



ボホール島Cコースのお客様です↓
ボホール大賑わい_f0210164_17104216.jpg



マクタンに帰ってきたら、チョコレートヒルの遊覧飛行を1本やって昨日は終了です!

ジェットコースターもENJOYされていました001.gif


今日のフライトは明日にでも更新します。
朝早くから疲れました…



頑張れ日本!!

                                            BY TETSU

by cebutop | 2011-04-10 17:17 | フライト | Comments(0)  

マアシン空港

058.gifなセブです!!


今日はチェロキー6でレイテ島マアシン空港まで飛んできました001.gif

マアシン空港ではランプ地区の工事が引き続き進められていました↓
マアシン空港_f0210164_1644724.jpg
こんなに広いランプ地区が必要??

ここマアシン空港はレイテ島でもジンベイザメが見れるソゴッドの近くに位置する空港です。

セブからも近いので飛行機なら50分ほどで到着です!

今日はYさんの友人の方もセブでフライトする予定だったので、
マクタンへ帰る途中にセスナ機と合流してマクタンへ帰りました001.gif
マアシン空港_f0210164_16481281.jpg
チェロキーお疲れさんでした!



頑張れ日本!!

                                            BY TETSU

by cebutop | 2011-04-08 16:53 | フライト | Comments(4)  

飛行機〜台風〜

こんにちわ001.gif
皆さんコメントありがとうございます。大変勉強になります。
これからもドンドンご教授お願いします017.gif

さて、今日の勉強部屋は『台風』についてお勉強します。

まずは台風の定義からご説明します。
熱帯低気圧のうち、経度180度以西の北太平洋、すなわち、日本の南東海上で発生し、発達して中心付近の最大風速が17.2メートル以上になったものを『台風』といいます
ちなみに17.1メートル以下のものは『弱い熱帯低気圧』といいます。

台風のエネルギーは温帯低気圧とは違い、不安定な気層の中に積乱雲が発達し、その時の水蒸気の凝結による潜熱です。
また、台風という気象条件で見落とすと危険なのは、台風の中心から離れた地域にあるらせん状降雨帯(spiral rain band)の積乱雲です。
例えば、台風の中心が遠くにあるのに竜巻が発生したりするのは、この降雨帯の積乱雲によることが多いのです。
ただし、この積乱雲のバンドは等圧線の形からは判別できないのですが、気象衛星やレーダーエコー合成図では簡単に見つけることができます。

飛行計画を立てる場合は台風予報は不可欠ですが、台風の予報は現在はまだ十分とはいえないので持続性と気象学を併用したものなどいろいろな方法が用いられています。
予想位置は一致しないことが多いので24時間、48時間先の位置を点で予報することは現在では無理とされています。

自然を相手にする私たちパイロットにとって気象学は大変重要なものです。
気象学は少し複雑で難しいですが。。。千里の道も一歩から頑張って勉強していきましょう004.gif

by cebutop | 2011-04-08 11:58 | 勉強部屋 | Comments(0)